ZEHビルダーとはWhat's ZEH builder

ZEHビルダーとは

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が制定されました。
経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。

ZEHビルダーとは

この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。
当社では「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしました。

省エネ

断熱・気密性能・通風採光性を高め、室内温度を年中快適に保つことで、エアコンの使用頻度を低減。 また、最新省エネ機器などの導入により、無駄なエネルギー消費を抑制します。

創エネ

自然エネルギーを利用し、環境負荷が低い特性を持つ太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)などでエネルギーをつくります。 創エネ機器や自治体によっては補助金があります。

築エネ

太陽光発電でつくった電力や、割安な深夜電力を蓄電池などに貯めておけば、消費電力の多い日中などに使うことができます。 最近は電気自動車などを蓄電池の代わりに利用することもできます。

HEMS

家庭で電気を「創る」「蓄える」「賢く上手に使う」ために電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールするエネルギー管理システムのことです。

ZEH普及率目標及び実績(各事業年度におけるZEHの建築割合目標)

※注文住宅・建売住宅全体に対するZEHの割合

年度 目標 実績
平成28年度 8% 0%
平成29年度 16% -
平成30年度 32% -
平成31年度 40% -
平成32年度 50% -

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ZEHの周知・普及に向けた具体策
  • 自社ホームページや展示会場にて、ZEH登録事業者であることの告知とZEHに関する情報を提供し、お客様への周知、普及を行っていきます。
  • ZEH仕様住宅のプラン提案を積極的に行っていきます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZEHビルダーとは
  • 関連業者様との協力、連携により、コストの見直しや削減案を検討していきます。
  • パッシブデザイン住宅によるコストダウンを図り、提案していきます。

その他の取り組みなど

ZEHに関する情報をお客様へ提供していけるよう、定期的に情報収集や社員教育を行っていきます。